低刺激ファンデーションをまとめて紹介します

ファンデーションを変えてブツブツができたり、ニキビが増えることもありますが、これは刺激物が肌に影響している証拠なんです。肌荒れを予防するためには低刺激なファンデーションを使うことをおすすめします。

低刺激ファンデーションランキング

肌荒れを起こさない、敏感肌でも使える低刺激なファンデーションをまとめて紹介しますね。

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

美容成分が62%で保湿効果が高く、美白ケアもでき抗炎症成分も配合された人気の美容液ファンデーションです。メイクをしている間、ずっと肌を保湿しつづけるため乾燥肌敏感肌におすすめです。

無添加:合成香料、石油系鉱物油、タール系色素

価格:1,980円
評価:評価5
備考:SPF35 PA+++

⇒ 薬用クリアエステヴェール 公式サイトへ

 

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェールの口コミ

ナチュラルとライトナチュラルどっちの色がいいか・・・?顔が白浮きすると困るのでどうしようかと悩んだ末、ライトナチュラルにしました。自分の肌にはピッタリの色でした。事務職なのですがエアコンが顔に当たる位置にあって感想は激しくて顔が痒くなったりもあったのが、落ちていてきています。ちゃんと保湿されてるみたいです。(MAKIさん)

前に購入しようが悩んでいたんですが学生だったので金銭的に厳しく諦めていたのでやっと試すことができました。なんかリニューアルされているそうでブルーライトもカットできるとかで一日PC前の私には最高なファンデ。目元のかさつきがなくなりメイクオフ後もしっとりしています。(のりまきさん)

⇒ 薬用クリアエステヴェール 公式サイトへ

 

ヴァーチェ ミネラルリキッドファンデーション

クレンジングが不要なので洗顔石鹸で手早くメイクオフできます。保湿成分セラミド1,3,6Ⅱ、ヒアルロン酸(3種)抗酸化効果が高いマルラオイルも配合し、肌の乾燥から守ります。
30日間返金保証、色交換無料

無添加:シリコン、紫外線吸収剤、石油由来界面活性剤、合成香料

価格:2,948円
評価:評価4.5
備考:SPF23 PA++

⇒ ヴァーチェ ミネラルリキッドファンデーション 公式サイトへ

 

ヴァーチェ ミネラルリキッドの口コミ

⇒ ヴァーチェ ミネラルリキッドファンデーション 公式サイトへ

 

エトヴォス ミネラルファンデスターターキットM

クレンジング不要のミネラルファンデーションとセラミドスキンケア、ヘアケアまで試せるトライアルセットです。ふわふわで肌にやさしいメイクブラシも付属。

価格:1,800円
評価:評価4
備考:

⇒ エトヴォス ミネラルファンデ 公式サイトへ

 

エトヴォス ミネラルファンデの口コミ

⇒ エトヴォス ミネラルファンデ 公式サイトへ

 

敏感肌の方は、とくに肌に優しい低刺激のファンデーションを選んでいきたいものです。これ以上肌に負担をかけたくないため、ファンデーションを使用したくないという考えもあるかと思います。

ただ、敏感肌の方などは肌のバリア機能が弱まっているため、紫外線の影響を受けやすく、日焼け止め代わりとしてもファンデーションは適しています。日焼け止めは肌に負担が大きいため、低刺激のファンデーションを使うのも効果的と言えるのです。

それでは、肌に負担のかかりにくい低刺激のファンデーションとはどのようなものなのでしょうか?

 

低刺激ファンデーションの選び方

 

敏感肌の方などがファンデーションを選ぶ際にポイントとしていただきたいのは、水分や油分が多く含まれているかどうかという点です。水分や油分が多く含まれているファンデーションは肌馴染みが良く、よく伸びてカバー力にも優れているというメリットがあります。

水分が含まれているため、防腐剤を必要とし、水と油をなじませる(乳化)ため界面活性剤が入っている可能性があります。このような添加物が肌への刺激となり、様々な肌トラブルへと繋がってしまうのです。

そして、油分が多いファンデーションは、洗い流す時に刺激の強いクレンジングを必要とし、それがまた肌への負担となることもあります。肌に合うクレンジングに出会ってない場合は、水分や油分の多い液状のリキッドファンデーション、クリームファンデーションではなく、パウダータイプのファンデを選ぶという選択もできます。

美容液ファンデーションのメリット・デメリット

低刺激ファンデーションを使うほど敏感肌に傾いているお肌は乾燥がひどく、芽には見えなくても表皮がめくれてしまっていて、そこから刺激物が入り込み炎症や吹き出物を発生させます。

美容液ファンデーションは敏感肌を改善させる効果が認められている保湿成分セラミドなどが配合されているので、メイク中ずっと肌の乾燥を防いで肌荒れを防いでくれます。

乾燥肌も悪化せず、しっとり肌を持続できることで、小じわ、たるみ、肌のくすみも予防してくれるというメリットもあります。

美容液ファンデーションのデメリットはクリーム状のファンデなのでつけるのが面倒というパターンがあります。パウダーでササっとメイクするのが常になっているとちょっと時間がかかるように感じるかもしれませんね。

ルース(粒状)ファンデーションのメリット・デメリット

水分が含まれておらず、油分もほとんど含まれていない低刺激のファンデーションがルースファンデーションです。フェイスパウダー、ルースパウダーなどとも呼ばれ、本来はリキッドファンデーションなどを塗った後に、仕上げとして重ねます。

敏感肌の方などは、低刺激で肌への負担も少ないため、ルースファンデーションのみを使用するのも良い方法です。ナチュラルな仕上がりとなり、油分が含まれていないか少ない場合は、クレンジングも必要としないため、肌への負担も減らすことができますが、シミやそばかすを隠すような機能はほぼありません。

ただ、肌に馴染まないため、化粧崩れが起こりやすくカバー力の点では劣ってしまいます。

パウダーファンデーションのメリット・デメリット

お肌の乾燥が敏感肌になってしまうことを考えるとパウダータイプは乾燥ガツオくなるのでやはりおすすめできません。ルースファンデーションよりは、油分が多くなるため、カバー力も高くなり、大事な用事などで化粧崩れが起きる心配も少なくて済みます。

リキッドファンデーションなどに比べれば油分も少ないため、クレンジングで簡単に洗い流すことができ、肌への負担も軽いのが特徴です。どれくらいしっかりメイクをしたいかで、使う量も調節する必要があります。

ミネラルファンデーションのメリット・デメリット

肌に優しい天然の鉱物のみで作られたミネラルファンデーションもパウダーと同じくお肌の乾燥を止められないので敏感肌にはおすすめファンデではありません。また、カバー力が低いのもデメリットです。

ミネラルファンデーションは、火傷などの治療の後でも使える低刺激のファンデーションとして、医療現場で用いられてきました。パウダータイプで油分が含まれていないものも多く、クレンジングも必要としません。

ただ、ミネラルファンデーションの定義はメーカーによってしっかりと定められているわけではないため、余分な成分が入っていたり、クレンジングが必要なタイプもあります。より低刺激のミネラルファンデーションを選ぶためには、しっかりチェックしましょう。

また、低刺激と呼ばれている成分でも人によってはアレルギーを起こしたり、肌に合わない可能性もあるので、すぐに使用を中止することが大切です。

⇒ 低刺激ファンデーションランキング

 

乾燥肌はファンデーションで痒みが起こる?

乾燥肌でかゆみがある時にファンデーションを使うのはためらわれるという女性は案外多いのではないでしょうか。乾燥肌の場合は皮膚の細胞組織の免疫力が落ちてしまいアレルギーのような状態になってしまうことでファンデーションに含まれている成分にアレルギー反応が起きてしまってかゆみが出てしまうようです。

かゆみがあるのにファンデーションを使うとさらにかゆみが増してしまうという悪循環を引き起こしてしまう可能性があります。乾燥肌によるかゆみが気になる人のファンデーションの選び方について考えてみましょう。

ファンデーションはなるべく無添加、低刺激を選ぶ

市販されているファンデーションには実に様々な化学物質が含まれていることが多いものです。例えば防腐剤や香料、着色料などをはじめとして他にも肌にアレルギー反応を起こす成分がたくさんあります。

乾燥肌の人は特に肌が弱い状態になっているので、これらの化学成分に肌がすぐにアレルギー反応を起こしてしまいかゆみが出てしまうのです。ですからファンデーションを選ぶ時にはなるべくオーガニックや無添加という表示のされているファンデーションを選ぶと良いですね。

ただ無添加と謳われているファンデーションでも人によっては肌質に合わないこともよくありますから、もしトライアルサイズがあれば、そちらでお試しして肌の様子を確認してからレギュラーの商品を購入するようにしましょう。

あくまでもナチュラルメイクを心がける

乾燥肌で荒れてしまった肌をしっかりカバーしたいからといってファンデーションをバッチリ使ってしまうと弱った皮膚に大きな負担がかかることが考えられます。かゆみが気になる場合は、最低限のファンデーションを使いカバー力にあまりこだわらず薄めのナチュラルメイクにしてみましょう。

またファンデーションをつける前には乾燥を防止する為にも肌をしっかりと保湿化粧水などでしっとりさせることをお忘れなく。乾燥肌は、まず保湿が重要ですから、保湿の次にファンデーションという順番を必ず守るようにしましょう。

カバー力は低いがミネラルファンデーションは痒くなりにくい

乾燥肌による肌のかゆみがひどいと、ファンデーションを使うのも躊躇してしまいますよね。でもメイクは身だしなみのひとつですからすっぴんは避けたいという女性が大半を占めると思います。

カバー力は劣りますが、ミネラルファンデーションを使ってみる方法もあります。ミネラルファンデーションはミネラル成分というお肌にとても優しい成分から作られた軽いタッチのパウダーファンデーションです。

ですから軽く顔にはたいてあげるだけでカバー力はかなりしっかりあり、それでいてナチュラルなのでとても使い勝手が良いのです。しかもミネラル成分はアレルゲンとなりにくいので、かゆみが起きやすい人でも安心して毎日使用することができます。

当サイトの「引用なしの口コミ」について
引用元の記載されていない口コミ情報は当サイトでクラウドワークス、ランサーズにて独自にアンケートを行い実際に使用した感想を集めて掲載しています。
タイトルとURLをコピーしました